Loading...

OWN FARM自社農場について

Became なりたち

私たちは鳴門・大毛島において、主な作物であるさつまいもとわかめを2本の柱として生産・商品製造を行っています。

春にはわかめの収穫作業を行い、それが終わるとさつまいもの植え付けの準備が始まります。
春に植えた苗は梅雨を経て夏の日差しを浴び、着実に成長を遂げ、秋にはさつまいもを収穫することができます。

さつまいもの収穫が終わる頃、海に出していたわかめが芽吹き始め、次の収穫まで成長を待ちます。 自然の恵みを受け取り、広く商品として提供することを喜びとしています。

暦に基づく農法

農作物や海産物の育成や収穫には、自然のリズムがあります。
当社では、苗の植え付けや手入れのタイミング、わかめの種出しや沖出しの時期などについて、月齢をもとにした旧暦(太陰暦)にて判断しています。
自然の恵みを最大限に活用し、商品としてお届けするためにも、そのリズムに合わせた丁寧な作業を心がけています。

毛島マップ

大毛島は、瀬戸内海性気候の東端に位置し、四国と兵庫県の淡路島の間にある人口約3,000人の島です。
この島は温暖な気候で、降雨日数が少なく、畑地のほとんどが砂地となっています。
また、世界三大潮流として知られる大渦が流れる鳴門海峡が、この島の周りに広がっています。

  • 鳴門の渦潮

    最大で直径20mにもなる大渦で知られています。

  • らっきょう

    島のミネラル豊富な砂地で栽培される特産品です。

  • 大根

    砂地栽培のため、身質が柔らかく食べやすい良品です。

  • 鳴門鯛

    激しい潮流で鍛え抜かれた身が特徴、鯛界のアスリート。